ウェーダーに水漏れを感じたら
PRODUCTS
AFTER SERVICE & MAINTENANCE
PRODUCTS
AFTER SERVICE & MAINTENANCE

ウェーダーに水漏れを感じたら

ウェーダーに水漏れなどの症状を感じた場合、以下のケースを参考にご購入店へお問い合わせください。
当サイトでご購入のお客様はお手数ですが info@mazume.co.jp までお問い合わせください。

※水漏れやその他の不具合を感じている場合は予期せぬトラブルが起きる可能性があり、大変危険です。絶対に使用しないでください。
※弊社で製造、販売しているウェーダーは釣りを目的に設計してあります。釣り以外の目的には使用しないでください。

<水漏れではないケース-発汗、結露>

ウェーダー内は湿度が100%に近い状態になるため、冬季などの体感できないような僅かな発汗でも内部が湿ることがあります。
また、ウェーダー内は体温で暖められた状態になるため水温や外気温との温度差で内部が結露することがあります。これらの水分が衣類や肌を濡らすことで水漏れしているように感じます。
無透湿素材のウェーダーの場合、発汗による湿気や結露した水分は内部に残るため、使用後の乾燥が不十分な状態で再度着用されると、水漏れしているように感じることがあります。「靴下の先端やカカトが濡れる」、「衣類が全体的にしっとりしている」等のケースは発汗や結露による場合がほとんどです。
(透湿モデルでもブーツ部は無透湿素材のため靴下の先端やカカトが湿った状態になることがあります。また、瞬間的な結露によりウェーダー内部が湿ることがあります。)

水漏れではないケース①
発汗、結露によりつま先が濡れた例。

水漏れではないケース②
発汗、結露によりインナーが濡れた例。

水漏れではないケース③
実際に結露したウェーダーの裏地。

<水漏れがあるケース-外的要因によるもの>

ウェーダーに水漏れがある場合、外的要因による傷が原因であることがほとんどです。
例として「針が刺さる」、「植物の棘が刺さる」、「歩行時にフェルトピンが反対の足に擦れる」、「ウェーダーを脱着の際、片方の足でブーツを押さえたときにスパイクピンで傷付く」、「段差を上り下りするときにシワになった生地がスパイクピンに擦れる」等があげられます。これらの総称を”ピンホール”としています。
その他に岩盤やコンクリートなどに擦れたことが原因で生地が剥離したり、水漏れにつながる傷がつくこともあります。稀なケースですが、シーバスの背びれの先端が刺さっていた例もあります。
このようにウェーダーの水漏れにつながる傷がつく要因は多岐にわたり、予想外の理由で傷がつくことがあります。
外的要因による水漏れは有償修理での対応となります。
(傷の大きさ、位置によっては修理不可能な場合もあります。)
修理をご希望の際はお手数ですがご購入店までお持ち込み下さい。ご購入店を通してお見積りのご連絡をさせていただきます。

※ウェーダーに傷がつくときは、「針が返しまで刺さっている」、「傷がつく瞬間を目視する」などしない限り、現場で気付かないことがほとんどです。生地が厚く、インナーを着用している場合が多いため、傷ついた感触をほとんど感じないからです。そのため、「なにもしていないのに穴が空いた。」と思われるケースが非常に多いです。下記の画像は外的要因による水漏れの一例ですが、画像のような傷はほとんど傷つく感触を感じません。

外的要因による水漏れ①
ピンホール(修理可能)

外的要因による水漏れ②
裂け傷(修理可能)

外的要因による水漏れ③
ブーツ部の傷(修理可能)

<水漏れがあるケース-経年劣化>

ウェーダーの防水機能は永久的なものではありません。経年による素材の劣化により防水機能が低下し、水漏れを起こすことがあります。
例として「加水分解」、「シームテープの劣化」、「コーティングの劣化による表面の生地剥離(生地剥離は経年劣化だけでなく、擦れや紫外線、水質にも影響されます。)」、「各部に使用している接着剤の劣化」、「ブーツ接合部の劣化」等があげられます。これらの総称を”経年劣化”としています。
経年劣化の劣化速度は使用状況(使用頻度、使用場所、季節、天候、保管方法、等)により大きく変わりますが、ウェーダーは素材の特性上、使用回数に関わらず一定の速度で経年劣化が進行します。そのため経年劣化による水漏れは避けようがありません。ご理解いただきますようお願い申し上げます。
大変申し訳ありませんが経年劣化による水漏れは修理不可能です。
修理依頼でお預かりしている場合はご返却させていただくことになります。
ご希望であれば弊社で破棄することも可能です。

※経年劣化が原因による水漏れは外観的には綺麗な状態でも発生します。
(例:使用頻度が少なく年に2~3回しか使用しないが購入から3年以上経過している。)
※経年劣化は水漏れの原因以外にもフェルトソールの剥がれの原因にもなります。接着剤の成分(主にポリウレタン)が空気中の水分と反応し加水分解を起こすからです。フェルトソールの接着は永久的なものではないとご理解ください

経年劣化による水漏れ①
シーム部の経年劣化(修理不可)

経年劣化による水漏れ②
ブーツジョイント部の経年劣化(修理不可)

経年劣化による水漏れ3
経年劣化による生地剥離(修理不可)

<水漏れがあるケース-初期不良によるもの>

製品には万全を期しておりますが、非常に稀なケースで初期不良により水漏れやその他の不具合を起こすことがあります。弊社が初期不良と判断した場合、無償対応させていただきます。
※ネットオークションやリサイクルショップなど(未使用品含む)でご購入されている場合は、いかなる理由でも補償の対象外となります。
※購入店が不明な場合は補償の対象外となります。
※補償期間は購入から1年となります。(弊社が初期不良と判断した場合に限ります。外的要因による水漏れは補償の対象外となります。有償での修理対応となります。)

<水漏れ以外のアフターサービス>

フェルトソールの交換修理やポケット修理等、水漏れ以外の修理に関しましてもご購入店へお持ち込み下さい。現物を確認後に改めてご連絡させていただきます。
弊社オンラインストアでご購入のお客様は、お手数ですが info@mazume.co.jp までお問合せ下さい。

<修理について>

修理代は傷の症状、位置等で変動します。正確なお見積りは弊社で検査後にお伝えさせていただきます。まずはご購入店へお持ち込み下さい。記載のない修理に関しましても、弊社で検査後に修理可能かどうかを含めてお伝えさせていただきます。
弊社オンラインストアでご購入のお客様はお手数ですが info@mazume.co.jp までお問合せ下さい。
(傷の大きさ、水漏れの原因(経年劣化など)、水漏れ範囲、破損部位によっては修理不可能と判断する場合があります。またソックスやブーツの交換修理は対応しておりません。予めご了承ください。)

<修理参考価格-税込>

・ピンホール修理 1ヶ所¥2、200
・裂傷による傷修理 1ヶ所¥2、200~3、300(傷の大きさで変動します。)
・ソール張替え修理 両足¥7、700
・ポケット再接着修理 ¥1、650

修理依頼で弊社にお送りいただく際、スムーズにご対応させていただくために以下の①~⑧を記載の上、ご発送ください。
①郵便番号
②住所(賃貸にお住まい場合はマンション名、アパート名までご記載ください。)
③名前
④連絡の取れる電話番号
⑤購入店
⑥購入日
⑦使用状況、依頼内容
⑧メールでの連絡をご希望の場合はメールアドレス
※修理依頼品の発送時の送料はご負担いただきますようお願いしております。
※修理依頼でお送りいただく際は純正の付属品以外は全て外してからお送りください(他社製のポーチやラインカッターなど)
※修理依頼品をお送りの際、梱包に使用されたダンボール、袋などの返却を希望される方は事前にご連絡ください。ご連絡がない場合は弊社指定のダンボールで梱包して発送させていただきます。


以下の画像は修理不可能な例になります。

修理不可能の傷①
防水ファスナーの破損

修理不可能の傷②
修理不可能なサイズの裂け傷

修理不可能の傷③
修理不可能なサイズのブーツ部の傷

アフターサービス対応不可のケース

以下の場合、使用回数、購入時期に関わらずアフターサービスをお断りさせていただきます。

・購入店が不明なもの
・釣り以外の用途に使用したもの
・中古品、個人間売買(ネットオークションや知人から譲渡、リサイクルショップ等で購入されたもの等)
・ご自身で改造されているもの(刺繍やペイント、サイズのお直し、脱着不可能な社外製のパーツを装着したもの、等)
・ご自身で修理されているもの(こちらは修理後の状態によっては対応可能な場合もあります。修理希望箇所の画像を添付の上、info@mazume.co.jp までお問い合わせください。)
・廃盤から一定の年数が経過し修理用の部品の在庫がないもの
・故意に破損させたと弊社が判断した場合
・上記以外の理由で弊社が修理不可能と判断したもの

よくあるご質問

Q:「水漏れしている気がするけど、どこから水漏れしているかわかりません。」
A:お手数ですが、ご購入店にお持ち込み下さい。弊社に到着後、検査させていただきます。
水漏れが確認できた場合はご購入店を通してお見積りのご連絡をさせていただきます。
弊社オンラインストでご購入のお客様はinfo@mazume.co.jpまでお問合せください。

Q:「どんな水漏れでも修理できますか?」
A:傷の大きさや位置、水漏れ箇所の数によっては修理をお断りさせていただく場合があります。また、経年劣化による水漏れは修理不可能です。

Q:「水漏れはしていないと思うけど、念のために検査をお願いできますか?
A:可能です。検査代として¥2、200かかります。発送時の送料もご負担いただきますようお願いしております。

Q:「初めての使用で穴が空きました。どういうことですか?」
A:お気持ちはお察ししますが、外的要因による水漏れに使用回数は関係ございません。
使用回数に関わらず外的要因により傷がついた場合は水漏れにつながる可能性があります。

Q:「ウェーダーに穴が空きました。原因を教えてください。」
A:申し訳ありませんが、具体的な理由まで特定することはできません。
外的要因によるものか初期不良かの判断となります。

Q:「修理費用を修理依頼品の発送前に教えてもらえますか?」
A:申し訳ありませんが、修理代の正確なお見積りは弊社での検査後でなければお答えできません。

Q:「修理にどれくらい時間がかかりますか?」
A:修理場の混み具合にもよりますが、弊社到着後から約2~3週間を目安にお考え下さい。
※大型連休を挟む場合は1ヶ月ほどお時間をいただくことがあります。

Q:「ブーツやソックスの交換修理はできますか?」
A:申し訳ございません。ブーツ、ソックスの交換修理は弊社では対応しておりません。
対応可能な交換修理は以下になります。
・ソール交換(ラジアルソールは不可)
・各ベルトのバックルパーツ

Q:「ウェーダーのフェルトソールが剥がれました。初期不良ですか?」
A:フェルトソールが剥がれる主な原因は接着に使用している接着剤の経年劣化によるものです。接着剤に含まれる成分(主にポリウレタン)が空気中の湿気(水分)と反応し、加水分解を起こします。空気中には水分が必ず一定量含まれています。加水分解を完全に防ぐことはできません。そのためフェルトソールの接着は永久的なものではないとご理解ください。
使用後はフェルトをしっかり乾燥させる、オフシーズン等で長期間保管する際には湿度の高い場所での保管を避ける、等が経年劣化の進行を遅らせる対策になります。

Q:「ウェーダーの洗浄方法、保管方法を教えてください。」
A:使用後は淡水、海水での使用に関わらず真水で洗浄し、洗浄後は風通しの良い場所で陰干ししてください。保管時も風通しのよい日陰での保管を推奨しております。(紫外線や湿気は経年劣化の進行を早めます。)また、シーズンオフなどで長期間使用されない場合は、小さく畳んだりせずに、できるだけ折りシワなどがつかないような形で保管してください。また、密閉されたケースや高温多湿な場所での保管は避けてください。

Q:「遠征中にウェーダーが水漏れしました。かかった旅費を補償してくれますか?」
A:製品の破損に付随する損害(交通費や宿泊費、釣果、タックルの破損など)は
補償致しかねます。

PRODUCTS
AFTER SERVICE & MAINTENANCE
PRODUCTS
AFTER SERVICE & MAINTENANCE