mazume インフレータブル ポーチ カモ(ウエストバッグIII装着用)
MAZUME INFLATABLE LIFEJACKET POUCH CAMO(IN WAIST BAGⅢ)

¥12,500(本体価格) / MZLJ-255

●size:フリー(浮力75KG)●color:カモ、ブラックカスリ

  • ブラックカスリ

  • カモ(引手の位置は左側に変更)

ショアからの釣りを安全に!
湾奥でも万全の安全対策を。

大野ゆうきスペシャルモデル。
ウェストバッグ+ライフベスト
機能の融合。

マズメウエストバッグⅢ装着専用のインフレータブルライフジャケット!
マズメウエットバッグⅢには、このインフレータブルライフジャケットを装着可能なように、ベルクロを配備しています。ウエストバッグと一緒にする事により装着時にコンパクトに装着頂けます。

ハルキロバート。耳慣れない名前だと思いますが、これはアングラーの命を救う大切な装置のメーカー名です。実は世界で最も安全基準が厳しいアメリカUL規格が認めるのはハルキロバート社製だけなのです。

ハルキロバート社製膨張装置にこだわった理由とは… 日本の船検を認可する国土交通省です。これにあたる検査機関が、ヨーロッパではCE規格であり、アメリカではUL規格。この中で最も取得するのが難しいのがUL規格であり、UL規格が唯一認めたインフレータブルライフジャケットの膨張装置が、ハルキロバート社製です。
つまり、世界で最も高いレベルの安全な膨張装置が、ハルキロバート社製ということなのです。ただ、この膨張装置を使うと、コスト高になるのは言うまでもありません。もちろん、それを理由に、他メーカーが採用しなかったことも… mazumeがハルキロバート社製の膨張装置を採用したのは、インフレータブルライフジャケットを普及させることだけでなく、アングラーにとっての、本当の安全性を追求したからです。
それと、この膨張装置を使うことでの副産物もありました。それは装置の自重が軽く、装置がセットされている側がズレ落ちるということがなくなりました。これによって見た目にも気持ちがよく、実釣時にもズレ落ちを気にせず動くことができます。
ポーチタイプは唯一の手動式で、それまでライフジャケットの必要性を感じていながら着用していなかった、アーバンサイドフィッシングで、コンパクトに着用いただけます。

対応の替えボンベセット
MZLJ-070 mazume Spare Bombe Assembly TYPE 2
https://www.mazume.co.jp/product/20

※この製品には、桜マークは付いておりません。
 ポーチタイプは、浮輪タイプのため対応外となります。
 法改正後は、「救命胴衣」である必要があり、ポーチタイプは「救命浮環」のためです。
 現行モデルのサスペンダータイプとウエストタイプは、法改正に対応しております。


  • 装着イメージ(引手の位置は左側に変更になっています)


  • 装着方法。①ウエストベルトをインフレータブル側のベルトに通します、


  • ②バックのベルトをインフレータブル側のベルクロに止めます。


  • ③バックに付属のベルクロをはがします。


  • ④インフレータブル側のベルクロを挟んで留めます。詳細は付属の説明書に明記しています。


  • 別売りのプライヤーホルダーやファイティングパッドの取り付けが可能です。